「HOME愛しの座敷わらし」.jpg
  「相棒」ワールドへようこそのナビゲーター   トップページ > TVぴあ連載  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVぴあ 松本Pプレゼンツ #14「バディ物復活への道」

2009 - 11/08 [Sun] - 21:19

いきなり、飛ばして#14書きます・・・・。

第1作が放送された’00年当時、この企画が挑戦的なものだったことを知る人はどれだけいるだろうか。


いまさら・・・・ってかんじなんですけどね。「探偵事務所」のくだりや、時同じくして、伊東くんと寺様の出会いとかも”ばっさり”抹消されています・・・。おいおい、歴史はここから始まったんだぞ。

2ドラの視聴者は、女性主体になっていた子の当時(2000年前半)。

「男性主役の新作を作ること自体、抵抗があったんですよ。」

リスクヘッジその1 主演は豊さんにすること


リスクヘッジ=市場の変動の対応するため、被害を最小限に回避すること。


大きな賭けをしても、2ドラ俳優として地位を確立していた豊さんならば、万が一のことがあっても「最小限にすむ」っていうことかい?



            相棒1


もともと「探偵事務所」の原作者の鳥羽先生が、本業(小学校の校長先生)がいそがしくて「書き下ろし原作」が難しくなった・・・。でも2ドラは続けたい。そんなときに、テレビで「コシミズ ヤスヒロ」という脚本家に出会った・・・。同じく、寺様が「豊さんとドラマをやりたい」と、伊東Pのところに話を持っていき・・・・というのが、当初の公式発表・・・・・。

で、結局今の松本P「相棒」誕生は、女性視聴者を”釘付け”にするのは、”水谷豊の色気”だった・・・。ってこと?

「薫役を寺脇さんにしたのも、あの大きな体からくる色気とパワーは女性から嫌われないと思ったからです。」

って、あとからとってつけたように「薫役を寺脇さんに・・・」って

完全に、主役は豊さんに決まっていて「刑事もの=バディもの」と決まっていた。さて、相手役をどうする?っていう流れじゃないですか・・・・。

で、美化のためにこの作品を出すか!!「傷天」は、別格”神”だから・・・。

「機会があったら(中略)観てほしいですね。」

「お二人がかもしだす色気といったら、こちらが直視できないほどですよ。」


だそうです・・・・。
          804462a47d986560.jpg

ワタクシ的には、これをみないと「青春の殺人者」「逃れの街」とか見れないから・・・・。マジで!!「刑事貴族3」で撃沈した人もいるだろうけど、「傷天」みないともっと撃沈しちゃいますから・・・。当時から、独特なカリスマオーラ全開のショーケンのかっこよさ&とにかくカワユスな豊さんのやり取りが、マジに絶妙なのよ・・・。だから、35年たっても”色あせない、良質なドラマ”として語り続けているんだからね・・・。って、最近になってなぜかお二人とも「解禁」されはじめましたけど・・・・。(って、コンサートのときの、豊さんのアキラ降臨にもびっくりしたが、アニキまで降臨してくるとは思わなかった。)

と、いうことで今後松本GP「寺脇康文完全抹消への道」を語る日がくるんだろうけど・・・・。

なんだか「東京DOGS」と「相棒」の視聴率がそんなに変わらないという、へんてこな現象が28日OA分で発覚・・・。視聴者層が同じってこと?








スポンサーサイト

松本Pプレゼンツ「相棒×解剖」#松本P大いに語る

2009 - 10/10 [Sat] - 00:35

伊東くんの後を引き継ぎ、GPに昇格?したけど副部長待遇な松本GPが、半年間このコーナーを担当するそうです・・・。いつも通り黒のシャツだよ・・・・。

もう、この人の発言にどれだけの”昔ながらの頭の固いファン”が振り回されたか・・・・。いうことがころころ変わっていくので、もう「松本CPの言うことは信じない」ことにしました・・・。

今回は「7」で一区切りしたかったんです!!っていってましたが、潔く「薫ちゃん卒業」→「右京さん、刑事人生をかけての大勝負」→謎のまま終了→「劇場版2」という考えはなかったのか?

薫ちゃんの卒業についても「美和子がそういう薫ちゃんを応援する姿を描きたかった」と。薫ちゃんが卒業=カメ嫁もって誰でも思いますよ・・・。

現実、過去の「相棒」という作品をホント抹消作業を進めている・・・・。「劇場版」の小説版から「同じ時期に寺様が伊東Pと~」のくだりが抹消・・・。そこまでする必要性があるのか?昔のファンはそれに怒りを感じている。音楽まで変えて、ポスターも・・・・だし。右京さんがおまけに全力疾走するし・・・・。
(もうその走り方が、豊走りじゃなかった・・・)

「古くからのファンはホント大切だよ、GP」


伊東Pプレゼンツ「相棒×解剖」#最終回 水谷さんが語る「相棒」

2009 - 03/16 [Mon] - 00:55

オンリーワンの存在で
「相棒」を支え続ける


右京さんが”帽子”を着用するのはシーズン2の”ロンドンでの休暇中”以来です。


”一人の特命係”の感想は?

二人でなければ出来ないことって当然あるんですね、ですから”コンビ”というものがあるわけで。同時に、一人だからこそ出来ることもあると思います。右京一人の特命係は危険なので(笑)、今後誰かが派遣、もしくは飛ばされてくるのでしょう。それまでは、一人の特命係だからできることを考えながら演じています。

どんな人が”相棒”なら面白いと思いますか?

”右京は右京”ですからね。僕個人としては、ちょっと子供心のある、チャーミングな人がいいですね。



Message from 伊藤P

シーズン7はこの作品のターニングポイント


いつもの往復書簡やらないんだ・・・ちょっとさびしい、期待大だったのに・・・。


3月29日OA「相棒 劇場版」

右京さんからのメッセージ

”劇場版”は大勢の方に劇場やDVDで見ていただけたと思っています。でも日本の人口を考えると、まだまだご覧になってない方もいるんじゃないかと(笑)。テレビで、より大勢の方にたのしんでいただきたいですね」


おちゃめ度と謎度がアップしております、右京さんですが最終回どういう展開になるのか?警察庁から、左遷された男”神戸警視”は右京さんを「警察から排除させるための”刺客”なのか?」。注目の最終回は、18日20:00から2時間SP!!

あとこの連載は今回で終わりですが、番外篇が18日発売に掲載されます。

伊東Pプレゼンツ!「相棒X解剖」#10セミレギュラー

2009 - 02/20 [Fri] - 00:16

忘れたころにやって来る「相棒」の癒し系キャラ

癒し系っていうか、『忘れたころやって来る嵐を呼ぶ男』だと思うんですけど・・・。見た目はイケメンなのに、なぜかトラブルメーカーな野郎!!警視庁捜査一課経理担当、陣川公平警部補。

原田龍二=陣川キャラは?
「とことんドジで、男から見ても可愛いじゃないですか。陣川は右京さんを困らせる唯一の人物なので、やりすぎることもなく、品良く『相棒』の世界に引っ掻き回すことが僕のテーマなんです。

右京さん(豊さん)とは12年前『流れ板七人」で共演済です!
”現代劇の師匠”なんですよ。豊さんには役者としてだけでなく、いち社会人、家庭人としてもたくさんのことを教えていただきました。

そう、テレ朝木曜9時枠12年前の1月~3月までOAされていた、豊さんのテレ朝でコケた番組です。それも、その番組のPは須藤ちゃん初プロデュース作品。なぜか寅さんをベースとして作ってしまったんで、豊さんのキャラ設定に無理があったという伝説の番組です・・・。

陣川くん”時代劇の師匠”はやはりチーム里見浩太朗氏でよろしいでしょうか?薫ちゃんは、立派なジェダイからマスター薫ちゃんになりましたが、まだまだジェダイへの道は遠い様です。

今回のみどころは?
「右京さん的にこんなリアクションありですか?」って聞いたら、豊さんも「初めてトライしてみた」って言ってましたから。



キャストと伊東Pの往復書簡

原田龍二から伊東Pへ
「これからも、時々登場しては、『相棒』にスパイスを与えられる陣川でいたいと思います。

伊東Pから原田龍二さんへ
「劇場版も含めると、これで4度目の出演、ありがとうございます。今回も陣川くんは、いつもと変わらず、なんでしょうかねぇ。」


伊東Pブログその後
1/27【[158] 明日は映画館に買いに行こう!】

映画前売券としては異例の水曜発売ですよ!
だって相棒は水曜日ですものね!

               497efa485af39.jpg
まあ、公開1か月前でしたからね・・・。って、「水曜日発売かい!!」って思いましたが。ってちゃっかり発売日当日に購入している私・・・。映画は初日に見に行く予定です・・・。

そして、次号(3/4発売)最終回。トリを飾るかたはやはりこの方!!
             20090114-00000008-maiall-ent-view-000.jpg
そして、3月18日「シーズン7」グランドフィナーレです。なにが悲しくて打ち合わせなんだ・・・。8時に家路に着くことは不可能・・・。なので、帰りながら見たいと思います・・・。

伊東Pプレゼンツ!「相棒×解剖」#9名優たちの競演

2009 - 02/10 [Tue] - 23:53

いきなり、18日OA予定の紹介です・・・。


ほぼ豊さんと岸さんの二人芝居で展開する、
今シリーズの意欲作


古沢良太『ゴンゾウ』以来お目にかかります。一部の『相棒』ファンの中では、キャラクタードラマしか書けないとバッシングを受けてましたが、『ゴンゾウ』で底力を見せつけてくれました。「凱旋作品」となるか!!


今回の構成は写真で構成されているので、皆さん本屋さんでご確認ください。岸さんということもあり、シャレた雰囲気で作成されてるようです。全編ブルーかかったいい作品みたいです。

それにしても、監督と豊さんの話が気になる・・・。ドラマ本編では絶対見ることができない、豊さんの「弾けた笑顔」に注目!!やっぱり、笑顔が似合います・・・・。


本編で回想シーンが入ることを考えて・・・。セリフのテンポを落とす豊さんって・・・。そこまで考える方っていらっしゃいますか?そこまでさりげなく気を使う、豊さんがすごいです!!

11日は休みだ!!とすげー期待していのですが、話が逆になっちゃったのでちょっと残念です。

 | HOME |  »

TAP

TAP

「相棒劇場版4」

「相棒劇場版4」

プロフィール

Chie

Author:Chie
ドラマ「相棒」の情報ブログです。
当ブログは「右京&薫」時代の「相棒」をこよなく愛するブログです。なお、コメントは承認後に反映されます。

訪問者数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

オフィシャルサイト

トライサム 水谷豊オフィシャルサイト

時の旅人2015

日本コロムビア

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ヒラPブログ

最近のトラックバック

スケジュール

「相棒 XDAY」

相棒7

相棒7

「鑑識・米沢守の事件簿」

鑑識・米沢守の事件簿

12月限定ブログ

         水谷豊12月限定ブログ「いま、心のままに」

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram ランキング参加中!

blogram投票ボタン

にほんごブログ村エントリー中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。