「HOME愛しの座敷わらし」.jpg
  「相棒」ワールドへようこそのナビゲーター   トップページ > 豊さん 雑誌掲載等記事  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/18現在「TAP」雑誌掲載情報

2017 - 06/11 [Sun] - 20:33

映画公式にまったく掲載されていないので(って、どーすりゃいんだ今回は)、情報がわかり次第掲載します。
おそらく、「劇場版4」で掲載された雑誌には、掲載されると思います。

*ちょこちょこは、事務所公式で発表されていますが、映画公式のアップが・・・
 地方の雑誌とか番組とかはアップされてるのですが、肝心な全国販売の雑誌が・・・

6/17 「スクリーン」「アンアン」アップ
6/18 「ピクトアップ」

5月12日(金)
【シネマスクエア】
表紙はタッキーと有岡大貴さん「こどものつかい」が表紙です。(HPには、お二人とも写真NGなのでシルエットのみ)

5月19日(金)
【CUT】
表紙はAlexandrosいう音楽グループ

5月20日(土)
【スクリーン】
映画公式で、絶賛の声っていうやつですか、洋画専門誌だと思っていたんで、全くノーチェックでした。

5月24日(水)
【UOMO(ウオモ)】
表紙は瑛太さん。1ページだけのインタビュー記事でした。

6月2日(金)
【日経エンタテインメント】
表紙はAKB48の皆さん1ページだけのインタビュー。

6月5日(月)
【FLIX PLUS 7月増刊号】
表紙は片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

【キネマ旬報】
6月下旬号
「TAP -THE LAST SHOW-」 水谷豊 A FIRST FILM
ロングインタビュー 水谷豊 再び、監督をやる覚悟はできた ■金澤誠
スタッフが語る水谷組の世界観 ■石村加奈


6月6日(火)←(事務所公式)
【GoodsPress】
男性の趣味の雑誌です。今回は戦艦プラモの世界。男性誌のコーナーでご確認を。
*ご本人の写真は掲載されていません。

6月7日(水)
【アンアン】
6月21日号 P97以降に1Pのインタビュー記事でした。情報提供してくださった、けいさんありがとうございます。


6月8日(木)
【雑誌の新聞 週刊文春】
6月15日号
水谷豊「別世界へ、覚悟を決めて」-これまでの役者人生、そして新たな挑戦
週刊文春(2017/06/15), 頁:137
*モノクロ6Pのインタビュー記事でした。

6月17日(土) ←NEW
ヤフオフで検索していたら、見つけました。
【ピクトアップ10号】
「映画監督」という40年目の挑戦 『TAP THE LAST SHOW』  [監督]水谷 豊




スポンサーサイト

初監督作品「TAP THE LAST SHOW」

2016 - 05/20 [Fri] - 01:46

若大将フェスティバルの際の「ひげ」問題でしたが、何か撮影しているんじゃないのかなと思っておりました。そして、次の「相棒」は冠城氏で続投なのか?天才マジシャンの山田なのか?はたまた、五代さまなのか?とのうわさが飛び交っていたので、何らかの情報解禁はあるとは思いましたが。朝、芹沢くんのリツートで知ったこの映画の存在。まあ、崇史が出てるのは一目瞭然。さて、リンクを開くと「初監督作品」と。この記事見た時に、胃もたれの胃にどーんと乗りかかってきました。正直言って不安、なぜこんな時期になのかという不安がよぎってしまいました。話の内容は外国映画でありがちな流れ。それも映画を1か月で撮影するという強行スケジュール。

過去に「キラヴァージンロード」岸谷五朗監督で、舞台演出と映像の違いさに温度差のこの経験があるので、本当に不安なんですよ。って、キャスティングは愉快な仲間たち的なものでしたが、イマイチ、ゴローちゃんの世界感が「?」な作品。舞台と映像の演出は違うし、舞台はある程度の固定ファンがいるけど、映像になるとオーディエンスが違うからなと。


撮影が5日からだったそうで、あの姿は撮影3日目だったのか?そして、ひげについては「触れてはいけない」というお達しがでてたのかと考えてしまいました。(加山さんすら、触れなかった。不自然)

配給は「劇場版3」は「赤字でした」と公式発表した東映。撮影監督は会田さん。と、いうことはテレビ朝日が資金面では出資している可能性が高い。そして、音楽に関しては池さんか準さんのどちらか?いや、準さんのほうが確率的に高いかな。コンサートのこともあるし。

ロケハンやらも「相棒」の最終回前の2話は前後編で、右京さんが山で失踪したのも、ロケハンやらオーディションやらの関係で
スケジュール的なものがあったのかと?

でも、公開近くになるとなんだかんだと言って、舞台挨拶でキラキラしながら見つめている自分がいるんだろうなと・・・。なんか複雑な心境すぎてまとまりません。

「アサヒ芸能」
【「相棒」以外は全コケ中、水谷豊の映画監督デビューに「大丈夫か?」の声】

「スポニチ」
【水谷豊初監督 主演に撮影も!“右京感覚”でトライ】

「サンスポ」
【構想40年!63歳・水谷豊、タップダンス映画で監督デビュー】

「オリコン」
【水谷豊、映画監督デビュー 若き日に思い描いた企画が40年越しに実現】

「シネマトゥディ」
【水谷豊、映画監督デビュー!構想40年の物語を映画化】

「映画COM」
【水谷豊、映画監督初挑戦!構想40年、タップダンス題材に本物の“ショービジネス”描く】

「映画ナタリー」
【水谷豊がタップダンス映画で監督デビュー「60歳を超えて新しい挑戦ができ幸せ」】

「シネマカフェ」
【水谷豊、監督初挑戦!構想40年の本格タップダンス映画『TAP THE LAST SHOW』】

「リアルサウンド」
【水谷豊、監督に初挑戦! 元天才タップダンサーと若きダンサーたちの“師弟の物語”描く】





「王妃の館」雑誌掲載情報

2015 - 04/08 [Wed] - 02:18

<発売中>

3/15【セゾン・ド・エリコ】(中村江里子さん対談・アマゾン購入可能)

3月15日 シネマ・シネマ (表紙:山田涼介)

3月23日 【シネコン ウォーカー】(映画館で購入可能・通販あり)

3月25日 大人の休日倶楽部(表紙:JR会員季刊誌)
       テレビガイド 4月3日号(表紙:Kis My Fit2)

4月1日 エクラ(表紙:黒田 知永子&対談)
      
4月6日 ダ・ヴィンチ 浅田先生と対談(表表紙:三浦春馬・裏表紙:PR)
      In Red  女性ファッション誌(表紙:綾瀬 はるか)
      日経ウーマン(表紙:宮崎 あおい)*「働き女性のエンタメピックアップ」
 
4月8日 TVガイド 4月17日号(表紙:相葉雅紀・沢尻エリカ)     

4月11日 野生時代(表紙・小説雑誌)*公式の発売日誤り・通常は12日販売。

4月12日 【ar アール】 (女性ヘアカタログ 表紙:有村架純)
●連載「あの人にいざ、会いに行きます」菅田将暉/水谷豊
*公式では表紙になっていましたが、ガセです。

4月13日 週間 プレーボーイ(浅田先生対談・オトナな男性雑誌)

4月15日 ザ・テレビジョン

4月16日 からだにいいこと(*公式発売日誤り)

4月20日 パンプキン(女性誌)
       UOMO(男性ファッション誌)
       SWITC(サブカル雑誌 表紙:タモリ)
       CUT(映画雑誌 表紙:ビートたけし)
       FLIX(映画雑誌)
       【ひととき】(新幹線グリーン車に専用雑誌 フジサンネットで購入可能)
       LEONET(レオパレス21が提供する ネットTV)

4月22日 テレビガイド 4月24日号(表紙:木村拓哉) 

4月25日 読売ファミリー(読売新聞購読者 朝刊とセット)

5月1日 【いきいき】(シニア雑誌 通販専用 バックナンバーについてはお問い合わせを)
      ゆうゆう
    【JAL スカイワード】(JALの機内誌 フジサンネットで購入可能)

5月7日  Men's EX(男性ファッション誌 表紙)*公式発売日誤り

     
    


もう一人の右京さん

2014 - 08/06 [Wed] - 02:12

こいほー、最近ツイッターばかりでつぶやいているので、正直いってブログを更新するのがめんどうです。
ツイでは、カープのことばかりつぶやいているので、カープファンのフォロワーさんがばかりです。

さて、更新していない2カ月ほどですが、「相棒響」と「太陽2068」と、1か月も立たないうちに2度も東京へいったので
さすがにばててしまいました。

「劇場版3」が、なんとか20億越えしたそうで、DVD&ブルーレイも「12」と同時発売しちゃうよと、お財布事情がますます厳しくなる今日この頃。

「13」の声の前に、来年も「右京さん」と会えるという、豊さん映画最新作の情報が飛び込んできました。

原作は、「鉄道員(ぽっぽや)」で、有名な浅田次郎氏の「王妃の館」。倒産寸前の旅行会社のツアーで、フランスを訪れた、売れっ子作家の北白川右京、ツアー参加者はワケありの参加者ばかり。本を読んだ方のレビューを見ると、「浪花節」を、読める展開でサクサクっと料理してしまう、浅田次郎氏に脱帽。原作は、帯がついてから購入することとします。

yutaka.jpg

さて、今回の主人公の名前が「右京さん」と、いうことで話題性がそっちに向いてしまいました。各局も宣伝はしてくださったようですが、どうも「テレ朝」「東映」の匂いがしてしまう。

「モーニングバード」を録画。監督は東映を円満退社した橋本一監督。カメラが、会田さんだった・・・。でも、脚本が誰が書くかだな。はたして、どたばたな「右京さん」がどうなる?ホテルに22泊して「部屋を22回間違えた」っていう話が出てきそう。そういえば「相棒」の右京さんはフランス語の単位だけ落としてますねぇ・・・

浅田次郎氏のファンのかた「相棒」が好きというのを聞いたことがありますか?また、今回の映画化の件でなにかございましたら、ご意見をお伺いしたいものです。


まんたんウエブ
【<水谷豊>主演映画でもう一人の「右京」に 浅田次郎原作「王妃の館」】

映画COM
【水谷豊、別人の“右京”を演じる!「王妃の館」映画化に主演】

日刊スポーツ
【水谷豊、相棒じゃないけど“右京”演じる】

スポーツ報知
【水谷豊×浅田次郎氏=新右京!新映画役名が「相棒」と偶然一致】

オリコン
【水谷豊、新しい“右京”はコメディー!? 浅田次郎原作『王妃の館』映画化】

シネマトゥディ
【水谷豊、新作映画でも“右京”役!浅田次郎「王妃の館」映画化で主演】

cinemacafe.net
【水谷豊、新生“右京”に困惑…浅田次郎と初タッグ『王妃の館』来春公開!】




マデュロ 2014年春 準備号

2014 - 03/25 [Tue] - 01:48

【マデュロ】
 
コンセプトは50代から60代の富裕層向けの雑誌らしい・・・。
「金は残すな!自分で使え!」

ちょい不良オヤジも10年たてば、ジジイなので「ヤンジー」という造語を作ったみたいです。

madurocover201403.jpg

その準備号として、「今月のヤンジーのお手本」のコーナーを飾ったのが、豊さんでした・・・。
特に「こう料理したか」っていうわけではありませんでしたが、いたって普通。もう少し料理してほしかったという気持ちが強い。でも、おちゃめどが強いアップの写真は「らしさ」が出てました。



この雑誌を手にした人は、ナナメしたの右京さんみて「同一人物」と思わないだろうな。ウチの平成元年生まれの埼玉県人のSくんも、「右京さん」のイメージしかないから、理解できんだろうな・・・。

「相棒」のヤンジー率高すぎ・・・。


でも、この雑誌「BS朝日」「朝日新聞」と連動するそうなので、宣伝で出る可能性台かも・・・

【成熟男子】

*このときのゲストは、石田純一氏(べただな)






 | HOME |  »

TAP

TAP

「相棒劇場版4」

「相棒劇場版4」

プロフィール

Chie

Author:Chie
ドラマ「相棒」の情報ブログです。
当ブログは「右京&薫」時代の「相棒」をこよなく愛するブログです。なお、コメントは承認後に反映されます。

訪問者数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

オフィシャルサイト

トライサム 水谷豊オフィシャルサイト

時の旅人2015

日本コロムビア

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ヒラPブログ

最近のトラックバック

スケジュール

「相棒 XDAY」

相棒7

相棒7

「鑑識・米沢守の事件簿」

鑑識・米沢守の事件簿

12月限定ブログ

         水谷豊12月限定ブログ「いま、心のままに」

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram ランキング参加中!

blogram投票ボタン

にほんごブログ村エントリー中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。