「HOME愛しの座敷わらし」.jpg
  「相棒」ワールドへようこそのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > od3鑑賞してきました。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

od3鑑賞してきました。

2010 - 07/18 [Sun] - 22:07

(注意)ネタバレが含まれています。


img_lineup3.jpg

本当の「東京湾岸署」が開署式の際、「踊る3」の発表があり、5月には「相棒」色に染まった、2008年から2年。7年間の沈黙を破っての「踊る3」日本映画の歴史を変えたんですが・・・。ネックとなっていたのが、和久さんこと、いかりやさんの存在と青島と室井の関係ではなく、織田VS柳葉の中の悪さ・・・。いろんな噂が立てたれてもやっぱり、公開となれば「踊る」ワケでして・・・。

はっきりした感想ですが、7年待った割には・・・でした。純粋に「踊る」を愛しています。7年前からちゃんと、HP(当時はブログがなかったので)立ち上げて応援しています。という方々にとっては「お涙」もののでしたが、「踊る」で「刑事貴族」の話題をしていた私にとっては・・・でした。

和久さんの意思を告ぐもの・・・和久君が入ったのはいいけど、あまりにも宣伝で強調しすぎた。エンドシークレットに「この映画をいかりやさんに捧げる」ぐらいいれて欲しかったな。


祝・係長昇格 青島巡査部長から青島警部補に出世でも、周りは出世せず・・。

そんな、青島係長の初の大仕事が「引越し対策本部長」(って、いうのが踊る的テースト)。なにもかもを「捜査会議」にしちゃうところが、「青島くんの、悪い癖」

「踊る」映画といえば、毎回「同時に同じ事件が起こっちゃう」っていうのが、定番。今回も事件数だけ増えちゃってって感じ。銀行の金庫破りは物を盗まないし、バスジャックも「けが人なし」。湾岸署内「拳銃窃盗事件」が
発生・・・。ネットで「拳銃が盗まれた」という書き込みで、スリアミたちは「わざわざ、疲れたメイク」をして、大根芝居。(記者会見については、中園さんのほうが名大根芝居)

実際に、会社の合併とレイアウト変更で「引越し」を経験した私から見ると、ごちゃごちゃした中で事件を起こすのが目的なんでねぇ・・・。警察署の引越しに「警備員」必要ないかと・・・。システムも、毎度の「踊る」ネタ。とにかく、「踊る」はネットワーク大好きなので”パソコン”の画面とか作るの大好き!!なので、見ごたえはあるのでちゃちくない・・・。

いつもどおり、本店の皆さんが登場。今回の管理管は一倉さん。うーん、ここで筧さんの新城さん出すのは難しいってことなんでしょうかねぇ・・・。


犯人との交渉は”交渉人・真下くん”ではなく、交渉人・小池くん。「めがねやめたんだ・・・」のぼやき。真下くんはなぜ湾岸署にいるのか・・・。「交渉マン」というドラマをCS放送で監修していたんだけど、真下くんのミーハー根性が、出世人生に「汚点」を・・・。交渉術ばらしたら「意味」ないし、そこまで計算できなかったのか?映画見ている途中で、神田署長の「新湾岸署署長」の人事命令がでていないという点で、「新湾岸署の署長か」って思ったらビンゴでした。


結局、犯人の「ヤツラを解放せよ」で開放されたのは、「踊る」のミスレクターこと、日向真奈美(キョンキョン)と、噛み付き魔の岡村さんでした。本庁の幹部連中たちは、犯人解放で世論の反応が見て見たいというだけの興味だけ。その本店と支店の調整役で登場した、鳥飼管理補佐官(小栗くん)のあの若さで出世しているんだから
ちょっとした曲者。媚もせずに、頭でっかちな幹部連中たちを「まるっと」するのはお手のものみたい。室井さんは頑固としているし・・・。現場に出て指揮とって欲しかったなと、まあ、ミスして広島に飛ばされちゃったけどね。(で、大しゃもじに「正義」わざわざもみじ饅頭の箱と袋飾っておかなくても・・・)


あと、「踊る」といえば「死」。青島くん健康診断で引っかかって「影がありますね」って先生から告知。
ネットよりかも早い「青島くん」重病説。すみれさんのところに到達したときには「残りの命が少ない」って。

人間「死ぬ気になったら、なんでもできる」











今回の主犯は日向真奈美で、HN「のらいぬ」こと圭一くんを「マインドコントロール」して犯人として仕立て挙げた。目的は、「旧湾岸警察署」で死ぬこと。自分が「美しい死」をすれば「世界が変わる」という。日向真奈美はネット上では「神」としてあがめられていた。旧湾岸署には、真奈美を慕う信者が集まる。そう、自分が死ねは「伝説」となる。その、日向真奈美を逮捕したのは、青島。室井さんは「青島くん」にすべてを託す。


青島「誇りはあるのか?」
真奈美「・・・・」
青島「俺たちには誇りがある。犯人を逮捕するという誇りが」


強行班係、癖のあるメンバーでまとめるのが大変だったけど、「部下じゃなくて、仲間」
最新システムのセキュリティも、原点に戻れば単純だった・・・「電源落とせば」


あとは無事に開所式が行われて、スリアミの運命は?というオチでした。


「生きているっていい」

あと、そうあの圭一くんは青島くんがどこかで見たことがある・・・。連ドラの際に、青島くんに突っ込んでいた小学生・・・。(当時は「お金がない」つながりでゲスト出演)



これは、新聞の評論ですが「人気ドラマの映画もシリーズものになると、ネタが同じなのでつまらない」とか、「青島くんも、年とともに長いものに巻かれろ。結局、サラリーマン刑事で年とともに丸まっちゃった」「室井さんが、現場から離れていく。当初の目的は?」とシリーズが13年続き、大ヒット映画になってしまうと目線も厳しくなってくる。それも織田くんの主演している映画も「踊る」以外はヒットせず。風当たりも厳しい・・・。

「相棒 劇場版2」もかなりの風当たりが厳しくなる予想。2年前は「たかがドラマが映画になっただけ」と、前評判はさっぱりでしたが、「劇場版」については、いろんなテイストが重なってヒットしたということを忘れてはいけません。実際に映画の内容は「バベル」のほうが出来がいいっていう評価なんで・・・。



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aibo0714.blog39.fc2.com/tb.php/1279-ea391422

 | HOME | 

TAP

TAP

「相棒劇場版4」

「相棒劇場版4」

プロフィール

Chie

Author:Chie
ドラマ「相棒」の情報ブログです。
当ブログは「右京&薫」時代の「相棒」をこよなく愛するブログです。なお、コメントは承認後に反映されます。

訪問者数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

オフィシャルサイト

トライサム 水谷豊オフィシャルサイト

時の旅人2015

日本コロムビア

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ヒラPブログ

最近のトラックバック

スケジュール

「相棒 XDAY」

相棒7

相棒7

「鑑識・米沢守の事件簿」

鑑識・米沢守の事件簿

12月限定ブログ

         水谷豊12月限定ブログ「いま、心のままに」

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

おすすめ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram ランキング参加中!

blogram投票ボタン

にほんごブログ村エントリー中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。